特集記事

  1. 新着情報
  2. 監査役・監査委員・監査等委員
  3. インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

【インド】仲介貿易へのGST課税に関するAAR回答結果

インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

インドでは、納税者が特定の取引に関する税務上の取り扱いについて確実性を期すために、税務当局へ事前に照会できる仕組みがあり、その手続きを司る機関のことをAuthority for Advance Ruling(事前審査機関、以下「AAR」という)と呼びます。AARを通じて下された決定事項は、

【インド】中小零細企業向け経済支援による日系企業への影響とは?

インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

新型コロナウイルスの感染拡大が続いているインドでは、ロックダウンに起因した経済停滞に直面しており、景気後退が危ぶまれています。こうした背景から、2020年5月12日にインド政府は、約20兆ルピー(約28兆円)規模の経済対策を行うことを発表しました。その中でも、中小・零細企業(Micro,

【インド】一時帰国中のインド駐在員/現地採用の日本滞在長期化がもたらす驚愕の税務インパクトとは?

インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

新型コロナウイルスの感染が日々拡大している中、インド子会社の従業員たる駐在員の多くが日本に一時帰国をしています。当初は2〜3ヶ月程度の一時帰国しか想定していなかった企業も多いと思いますが、インド国内感染者数の急増とともに、国際線や日本―インド間の通常運行便の復旧の目処が立たず、日本滞在期間が長期化

【インド】インドが推進するデジタル課税論争の行方はいかに?

インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

GAFAに代表される“デジタル・ビジネス”は、世界経済を席巻する一方で、その課税管轄権を容易に超えてしまう取引の特性から、課税上の問題を引き起こしており、課税ルールを巡って国際的に議論が行われています。インド政府もこの流れを受けて課税強化に踏み切っており、2020年財政法(Finance

TOP