特集記事

  1. 新着情報
  2. 監査役・監査委員・監査等委員
  3. インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

企業の成長を支える監査役・監査等委員の役割、現状の課題~女性×士業の社外役員経験を踏まえて~

監査役・監査委員・監査等委員

話し手:播磨奈央子氏(ビジョナル株式会社 社外取締役 監査等委員)成長局面にある企業を支えるうえで、監査役・監査等委員にはどのような立振舞いが必要でしょうか。今回、プロフェッショナル人材に特化した会員制転職プラットフォーム「ビズリーチ」などを傘下に有し、2021年4月に東証マザーズ

【インド】「CAROTAR, 2020 」 税関職員の権限強化と輸入者の原産地証明義務の厳格化

インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

原産地手続きと特恵税率輸入手続きにおいて貿易協定に基づく特恵関税(Preferential rate of duty)を適用する場合、当該輸入品がどこの国で作られたものなのか判別する原産地手続が必要です。いわば「物品の国籍(原産地)」の判別を行うこの手続きは、貿易協定に定められた原産地規則

【インド】源泉徴収年次ステートメント「Form26AS」の新様式発表!

インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

Form26ASとは?日本においては給与から源泉徴収された所得税額を確認するとき、会社から発行された「源泉徴収票」を確認するのが一般的ですが、インドでは会社から発行される「Form16」の数値が税務当局のポータルサイト上で反映され、最終的に税務当局からオンラインで発行される「Form 26

【インド】え?海外送金に課税?インド居住者が知っておくべき海外送金実務

インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

インドからの海外送金って大変?「個人でインドから海外送金するのって大変なんでしょ?」そんな質問をよく受けます。インドで稼いだお金はどうやらそう簡単にはインド国外に持ち出せないらしい・・・、そんなイメージを持たれている方が多いようです。ただ、実際のところはそれほど大変ではありません。

【インド】TCSって何?インド特有の税制TCSの概要と最新アップデート

インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

インド特有の税制TCSについてインドの経理担当者以外にはあまり馴染みのない話かもしれませんが、インドにはTCS (Tax Collected at Source)と呼ばれる源泉税があります。これは、特定の物品の売り手が顧客から請求代金を受領する際に、一定の割合を源泉所得税として追加

【インド】遅々として変わりゆくインドをあなたはどこまで信じられるか。

インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

「透明性のある課税 −誠実な納税者に対する敬意」(Transparent Taxation – “Honouring the Honest”)2020年8月13日に、モディ首相は国民に向けた演説を行い、直接税に関する納税申告手続きの簡素化を目指した包括的な行政改革案を発表しました。

【インド】パロタのGST税率が民族紛争に発展?食品課税から見えるインド社会実態

インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

インドの間接税GSTとその税率2017年7月に導入されたインドの統一間接税GST(Goods and Service Tax : 物品・サービス税)はいわゆる日本の消費税に該当するものですが、その税率は現在0%、5%、12%、18%、28%の5種類があり、品目ごとに細かく規定されています。

【スリランカ】大幅減税からコロナ禍、そして大国の覇権争いへ

インド・スリランカ情報(Global Japan Consulting提供)

前々回2015年の大統領選挙にともなう政権交代の後は、慢性的な財政赤字やIMF(国際通貨基金)からの支援受け入れを背景に、スリランカ政府は増税への舵取りを余儀なくされました。それとは対照的に前回2019年11月の大統領選挙後、新大統領は段階的にかつ短期間で大幅な減税を開始しました。今後も制度が更新

TOP