近時、企業規模を問わず、企業活動のグローバル化が進み、とりわけ東南アジアは毎年数多くの日本企業が進出しています。

海外進出に先立って、日本から遠く離れた海外市場がいったいどういった状況なのか、潜在的な市場はあるのか、あるとしても特徴や日本との相違点は何か、実際にアプローチ可能なのか等々、多くのことを事前にチェックすることになります。また、進出国の経済環境や会社法等の各種法律関係、各国独自の商慣行等、その確認も必要になりますし、リスクがある場合には対応策を講じることまで求められます。

御園総合アドバイザリーは、東南アジアの所在するメンバーや現地提携先ファームと連携のうえ、ワンストップで、市場調査、市場性の評価、各種法規制調査、リスク評価と対応策の構築、会社設立手続まで、一貫してご支援をいたします。

こんなお悩み、ありませんか?

  • ある国・地域の市場を知りたい、消費者の嗜好性を知りたい。
  • 現地に進出した場合の事業機会を検討したい。
  • どのような海外進出のシナリオがありうるのか検討したい。
  • 現地にどうのような競合企業やパートナ候補がいるのか知りたい。
  • 実際に投資したい、現地企業と合弁を組成したい、連携したい。
  • 現地事業のリスクを把握し、リスク対応策を構築したい。  等

メンバーの主な実績(一例)

  • 市場調査、市場エントリー戦略の構築(ベトナム 流通)
  • 市場エントリー戦略の構築(シンガポール 食料品)
  • 市場調査、市場エントリー戦略の構築(ミャンマー 食料品)
  • 市場調査、事業パートナーシップの構築(ミャンマー サイバーセキュリティ)
  • メコン領域における投資案件の発掘、投資戦略の立案支援(複数国 商社)
  • 南アジア、東南アジアにおける投資案件の発掘、投資戦略の立案支援(複数国 商社)
  • 買収候補先のスクリーニングとデューデリジェンス(ベトナム 食料品)
  • 買収後の経営体制の構築(インドネシア 電子機器)
  • 買収先企業のPMO、ガバナンス構造の構築(ミャンマー 食料品)
  • 事業計画策定、フィージビリティスタディ(ミャンマー 飲食)

ご参考

お問い合わせ

ご依頼・ご相談はこちらのお問い合わせページより、ご連絡ください。