近時の日本企業におけるコンプライアンス関連の問題・不祥事などをきっかけに、コンプライアンス上の要請は高まる一方です。ステークホルダーの期待に応えるべく、ルールの策定・運用、統制プロセスの強化、個別のコンプライアンス要件を満たすためのシステム投資など、企業側は様々な対応をとっています。

一方、これら一連の対応の積み重ねにより、コンプライアンス対応業務の効率性や全体最適の観点が失われ、本質的ではない業務にリソースが割かれているケースも散見されます。

御園総合アドバイザリーは、コンプライアンス態勢の診断、あるべき姿の検討から、プロセスの高度化、ツールの導入、業務改革、モニタリング支援に至るまで、コンプライアンス業務のライフサイクル全般をご支援いたします。

こんなお悩み、ありませんか?

  • 脆弱なコンプライアンス体制を見直したい。
  • グループ全体で実効的なコンプライアンス体制を構築したい。
  • コンプライアンス体制が機能していないため、今一度、作り直したい。
  • コンプライアンス体制のレベルをあげたい。
  • 組織や職員のコンプライアンス意識を高めたい。  等

メンバーの主な実績(一例)

御園総合総合アドバイザリーのメンバーは、様々な業種、規模、上場市場、機関設計の会社様の役員報酬制度の設計をご支援した実績があります。
・東証一部上場企業 数十社以上
・外国企業日本法人 12社

お問い合わせ

ご依頼・ご相談はこちらのお問い合わせページより、ご連絡ください。