改訂コーポレートガバナンス・コードの施行以降、これまで聖域やブラックボックスに近かった経営トップや経営陣の人事について、より客観性・透明性の高い制度を構築する要請が高まっています。

なにより、次世代や次々世代以降までを見据え、 経営トップや経営陣の選任・解任、評価、候補者の抜擢・育成のメカニズムを確立することは、会社の持続的成長を実現するうえで必要不可欠です。

御園総合アドバイザリーは、企業価値向上に向け、経営トップ、経営陣の人事制度の設計・導入などについて、多くの企業の指名委員会(指名諮問委員会)をサポートしてきた豊富な実績を生かし、これらの取り組みをご支援いたします。

こんなお悩み、ありませんか?

  • 選任・解任、評価、抜擢・育成の基準・手続を制度として導入したい、既存制度を見直したい。
  • 指名委員会(指名諮問委員会)を新たに設置したい。
  • 未来の企業経営を担う経営トップや経営陣の候補者を抜擢・育成・登用する制度を検討したい。
  • 新たに後継者育成計画(サクセッションプラン)を導入したい、既存制度を見直したい。
  • 指名について、効果的な開示を行いたい。
  • 役員人事制度に関する効果的な投資家との対話・エンゲージメントを行いたい。  等

メンバーの主な実績(一例)

御園総合総合アドバイザリーのメンバーは、様々な業種、規模、機関設計の会社様の指名委員会(法定設置、任意設置)をご支援した実績があります。

お問い合わせ

ご依頼・ご相談はこちらのお問い合わせページより、ご連絡ください。